無痛治療

可能なかぎり、痛みを抑えた治療を・・・

新津田沼歯科クリニックでは、患者様に気持よく通っていただくために、「歯科医院は痛いところ」というイメージを払拭するよう努めております。

無痛治療という言葉がありますが、完全無痛にて歯科治療をすべて行うことは不可能です。しかし、これらを身体に影響のない範囲内で限りなく無痛に近づけることは可能です。

当院が歯科無痛治療のために行なっていることをご紹介いたします。

レーザー治療

レーザー治療歯科治療には、レーザーを用いて治療をする場合があります。当院には、炭酸ガスレーザーと、半導体レーザーの2種類のレーザー治療器があり、それぞれの特性によって使い分けております。

レーザーは、鎮静、殺菌、消毒、止血、消炎といったさまざまな治療の場面で使用可能で、どれをとっても痛みが生じないというのが特長となります。

この2種のレーザーを積極的に使用し、痛みを抑えた治療を行います。

塗る麻酔

nopain_4_

麻酔と聞くと、痛いイメージを発想される方がほとんどだと思います。

麻酔=注射という方程式がなりたっていると思います。注射はたしかに痛いです。無痛の注射というのは存在しません。

しかし、注射をする部分がマヒしていたらどうでしょう?

当院では、注射麻酔を行う前に表面麻酔という塗るタイプの麻酔を塗り、そこをマヒさせた状態で注射麻酔のステップへ進むことが可能です。

そうすることで、痛みを軽減することができます。ご希望がございましたらお申し付け下さい。

超極細の麻酔針と電動麻酔器

麻酔塗る麻酔を使用すれば痛みを抑えることになります。また、当院ではさらに麻酔針の細さにもこだわっております。

針は細くなればなるほど痛みを感じなくなります。鍼灸治療がいい例です。鍼治療はほどんど痛みを感じることはありません。鍼灸の針までとはいきませんが、当院では現存する歯科麻酔針の中でも最も細い針を使用しております。

また、麻酔液を注入するスピードを自動化できる電動麻酔器も使用しており、麻酔液注入時の痛みを抑えております。ご希望がございましたらお申し付け下さい。