小児歯科

当院にはキッズスペースがございますので楽しく通院できます

キッズスペース小さなお子さまが楽しく通院できるように、当院はキッズスペースを完備し、たくさんのおもちゃや絵本をご用意しております。

がんばって通院してくれているお子さまを励まし、ご褒美を与えることで歯医者を少し好きになってほしいと思っております。

キッズスペースについて詳しく見る>>

シーラントによる子どもの虫歯予防は小児歯科の基本

シーラント症例

奥歯の溝の部分は虫歯になりやすい箇所で、小児の歯質は永久歯に比べ弱いため、高確率で虫歯となります。そこで、シーラントと呼ばれる素材でその溝を埋めてしまい、虫歯にならないように処置しておきます。また、シーラントには徐々にフッ素を放出する働きがあるため、歯面の強化につながります。

シーラント

シーラントを行わないと歯質が弱く溝に汚れがたまったままになるので虫歯になりやすくなります。

シーラントをしないと虫歯になります。

フッ素で小児の歯を強く

フッ素塗布の効果についてご説明します。

  • 再石灰化促進

    虫歯菌が出す酸により歯面が脱灰と呼ばれる状態を起こします。歯の大事なコーティングを溶かしてしまっている状態ですが、フッ素塗布によりこれの再生を促進させることができます。

  • 歯質の強化

    歯の表面のエナメル質の強化により虫歯菌の出す酸に対する抵抗力を高めます。

  • 虫歯菌の酵素抑制

    虫歯菌による酸の生成を抑制することができます。

新津田沼歯科クリニック奏の杜の小児歯科の進め方

小児歯科

当院の小児歯科は、お子さんにまず、当院に慣れてもらうことからゆっくりはじめます。いきなり治療を開始することはありません。お子さんが歯医者嫌いにならないように、ゆっくり慣れてもらいながら進めますので、ご安心ください。また、下記のポイントをお母さんにも守っていただき、歯医者さんが嫌いにならないように協力してください。

  • お母さんが嘘をつかない

    「ぜんぜん痛くないからね」、「見るだけだよ」など、ウソをついて歯科医院へ連れて行くと、お子さんは、「お母さんも先生もウソをついた、もう行きたくない」とおもってしまいます。お母さんがウソをつくことは歯医者嫌いの原因となります。

  • たくさん褒めてあげる

    治療が終わったあとは、「よくがんばったね!えらいね!強いね!」とたくさん褒めてあげてください。子どもは褒めてもらうともっとがんばりたくなるものです。実際、大人でも歯医者嫌いの方が多い中、よくがんばって治療をうけてくれますしね。