歯周病

あなたも歯周病かも!?日本人の80%は歯周病

歯周病

歯ぐきから血が出ていないから大丈夫と思われているかもしれませんが、歯周病は血が出ていなくても進行しています。歯周病はサイレントキラーと呼ばれるほど自覚症状がなく進行してく病気です。日本では歯科定期検診受診率が5%程度ですから、ほとんどの方が定期的にプロ診てもらっておらず、知らず知らずのうちに歯周病が進行し、なんと日本の成人では約80%が歯周病にかかっていると言われています。

歯周病について知ろう

歯周病歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。昔は「歯槽膿漏」と呼ばれることが多かったのですが、今では「歯周病」という呼び名が一般的になっています。

若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。

歯周病の最大の原因はプラークです。

歯周病は様々な要因が複雑に絡み合って起こりますが、最大の原因はプラーク(歯垢)です。プラークはただの食べカスではなく細菌の塊です!

この細菌の産生する毒素が歯ぐきに炎症を起こし、そして歯槽骨を溶かし、知らないうちにドンドン歯の土台である歯ぐきと骨を侵食してしまう恐ろしい病気です。

軽度の歯周病の治療法

歯周病軽度の歯周病の場合、歯と歯ぐきの間にこびりついた歯石を除去するだけで完治します。

歯石は歯垢と違い歯ブラシでは落としきれないため、歯科医院にてスケーリングという歯石取りを行いプラークを除去することが必要となります。

しかし何度も通院する必要や何時間もかかる処置でなく1時間程度で完了しますので、ぜひ、定期的に歯科医院の定期健診を受けて歯のクリーニングを受けてください。

中度の歯周病の治療法

ルートプレーニング中度歯周病の場合、歯と歯ぐきの境目の奥深くまで歯石やプラークがこびりついていますので、これら細菌の塊を除去していきます。この治療は多少痛みを感じるため、麻酔を施してから治療に入ります。

プラークの除去が終われば炎症を起こしていた歯ぐきにハリが戻り、歯と歯ぐきの奥深くにプラークがたまりづらくなりますので、その後は定期的に歯石取りなどを行なって歯周病予防をします。

重度歯周病の治療法

重度歯周病の場合、歯槽骨が溶けてしまっているので、その骨を回復させ、しっかりとした骨組織を作ることが必要となります。その際には、骨の移植、人工骨の補充、人口タンパク質とよばれるエムドゲインゲルやコラーゲン膜などを使用して再生処置を行います。

  • ①歯肉切開

    歯肉切開局所麻酔下で歯ぐきを剥離し、プラーク除去、骨再生を行います。

  • ②処置後に縫合

    処置後に縫合処置が終わったらキレイに治るように縫合します。

  • ③歯周組織回復

    歯周組織回復数日で抜歯をし、キレイに元に戻ります。

  • 治療前レントゲン

    治療前レントゲン黄色部分歯槽骨が吸収部分。

  • 治療後レントゲン

    治療後レントゲン骨が再生し、歯が安定しています。