クリーニング・定期健診

2~4ヶ月に1回、歯のクリーニングと検診を

PMTC

歯の検診は2~4ヶ月に1度ご来院いただき歯のクリーニングを行ない、また、患者様に合ったブラッシング方法の指導も行います。定期的に通っていただくことで虫歯や歯周病の進行を予防することができます。

当院では、患者様が安心してお食事ができるように、予防歯科に特に力を入れております。ぜひお気軽にご来院ください。

予防のエキスパート歯科衛生士による徹底したケア

歯のクリーニング(PMTC)

予防の基本は患者様が普段行う歯磨きなどのセルフケアですが、歯磨きだけでは完全な予防は出来ません。歯磨きでは除去が不可能な歯石やバイオフィルム(細菌の膜)と言った汚れが存在するからです。このようなセルフケアでは取り除く事が困難な汚れは歯科医院で実施するプロフェッショナルケアが有効です。徹底したセルフケアを行いながら、定期的なプロのケアを受診する事で虫歯や歯周病予防に効果的です。予防のために当院が実施している処置をご説明いたします。

保険内診療のクリーニング

  • ①お口の中の診査

    ①お口の中の診査虫歯や歯周病になっている箇所がないか確認を行います。

  • ②ブラッシング指導

    ②ブラッシング指導歯ブラシだけでなく、患者様に合った清掃用具の説明等も詳しくいたします。

  • ③クリーニング(or スケーリング)

    ③クリーニング(or スケーリング)症状に応じて歯石をとったりヤニを取ったりしてます。

  • ④歯面の研磨

    ④歯面の研磨歯面にこびりついた着色汚れやプラークを除去します。

自由診療のクリーニング(PMTC)

クリーニング(PMTC)

PMTCとはProfessional(歯科衛生などのプロ)が Mechanical(専門の器具)を使用して行なうTooth(歯)のCleaning(清掃)の略です。専用の器具を使用してセルフケアでは取り除く事が不可能なバイオフィルムの除去をはじめ、歯垢や茶渋などの着色汚れ、さらにブラッシングではケアのしにくい細部まで徹底した清掃を実施します。ドリルなどの歯を削る器具などは一切使用しないため痛みを伴う事はありません。

プロが2種類の器具を駆使して行なう歯石除去

歯石除去歯垢が石灰化して歯石になると毎日の歯磨きでは落とす事が不可能になります。その歯石の除去を中心に行なう処置を「スケーリング」といい、専用器具のスケーラーを使って歯科衛生士が実施します。

当院では、役割に応じて2つのスケーラーを使用する事でより効果の高い処置を可能にしております。2つの器具の特徴や役割などをご説明致します。

  • お口全体の除去には超音波スケーラー

    最初に使用するのが超音波スケーラーと呼ばれる器具になります。超音波の微細振動を利用し歯面の歯石を剥離していきます。頑固な歯石も簡単に除去が可能なため短時間でお口全体の汚れを除去する事に優れています。

  • 細かい患部の除去にはハンドスケーラー

    超音波スケーラーは、短時間で広範囲の除去が可能ですが細かい部分の除去には不向きのため手動のハンドスケーラーを使用し、取り残した細部の歯石除去を行っていきます。時間はかかりますが丁寧な処置が可能なため2つを使い分ける事で徹底した歯石の除去が可能です。

着色を落とす歯面清浄機

着色とは、珈琲屋紅茶によるステインやタバコのヤニをさします。これらは歯の表面にある無数の細かいキズに入り込んでしまうと、歯ブラシでは取れないため、専用の機械でないとキレイに落とすことはできません。その機械が「歯面洗浄機」です。

歯科クリーニング症例

治療費:片顎¥1,650 上下顎¥3,250

歯面のキズをなくして着色予防ができるトリートメントケア

歯面洗浄機は着色をキレイに落とせる機械ですが、歯面のキズがあれば、また着色してきてしまいます。そのキズさえなくせば着色しにくくなり、キレイな歯面を保つことができます。このキズをなくすことができるケアがトリートメントケアです。

トリートメントケア

このケアは、着色予防だけではなく、虫歯の主な原因菌であるミュータンス菌がキズの溝に入り込むのを防ぐので、最新の予防法でもあります。

治療費:¥3,250

プロによる正しい歯磨きの指導

より予防の効果を上がるために、患者様に正しいブラッシングのレクチャーやアドバイスを行いご自宅でのセルフケアの向上に努めています。セルフケアの向上には、自身のお口に合った歯ブラシの使用やデンタル用品などの活用、さらには生活習慣などの改善も重要になってきますので適切なアドバイスをさせて頂きます。

お子さまの歯質強化のために、フッ素塗布

フッ素塗布

乳歯は虫歯になると永久歯の3倍も虫歯の進行が早いと言われています。進行が早いと神経まで虫歯に侵され、神経の治療が必要になり、通院回数が増えてしまうことがあります。最悪抜歯になるケースもあります。これらは決して乳歯だけではなく後継永久歯にも影響が及ぶことがあります。

  • 再石灰化促進

    歯は常日頃、脱灰(歯が溶ける)と再石灰化(元に戻る)を繰り返しています。再石灰化がきちんとされないと虫歯になります。フッ素塗布をすることで、再石灰化が促され虫歯予防になります。

  • 歯質の強化

    フッ素は4ヶ月に1度、定期的に行うことで効果がまして持続します。4ヶ月に1度を守ることで、結果、歯質強化に繋がるのです。

  • 歯に対しての意識向上

    フッ素は乳歯が生えそろう時期から始めるのが好ましいです。小さい頃から定期的に歯科に通うことで、口腔内への意識が自然と高まり、将来、おとなになっても虫歯のない口腔内を保てることができます。

習志野市奏の杜で予防歯科をお探しの方は当院まで

PMTC

新津田沼歯科クリニック奏の杜では、このような取り組みを行い患者様の健康な歯を維持して頂くために努めております。これからの歯科は治療ではなく予防を中心に取り組む事が重要です。習志野市奏の杜で予防歯科に力を入れている歯医者をご希望の方は、ぜひ当院までお気軽にご相談下さい。