詰め物・被せ物

新津田沼歯科クリニック奏の杜ではメタルフリー治療をおすすめ

審美歯科

これまでの歯科治療で多用されて銀歯は、金属のためお口の中でも目立ちアレルギーなどの懸念も常に心配される素材です。さらに、経年による劣化が激しく数年で虫歯が再発する事も珍しくありません。

また、再発した虫歯は銀歯の下で静かに進行をするため大抵の場合は気付いた時には大変な事になっており、抜歯のリスクも上がります。当院ではこのような事を考慮し、患者様にはできるだけ金属を使用しないメタルフリー治療や修復をおすすめしています。

 

つめ物の種類

つめ物は、削った部分が少ない時に処置します。このつめ物には大きく分けて2種類あり、それぞれのメリット・デメリットで使い分けます。

  • セラミックインレー

    インレー削った部分の型をとり、その型どおりのセラミック製のつめ物を作成し、埋め込みます。すり減ったり着色する心配がありません。

  • レジン充填

    レジン充填削った部分に歯科プラスチック樹脂を流し込み、それを固めてつめます。経年変化ですり減ったり、着色してきます。

低侵襲で審美性と機能性を実現のダイレクトボンディング

ダイレクトボンディング現在変色している詰め物や前歯のすきっ歯、さらには小さな欠けなどにはダイレクトボンディングと言う処置をおすすめしています。ハイブリットレジンと言う樹脂を使用し直接歯に盛り付けて形を整えていく方法です。

削る範囲を最小限に抑える事ができ型採りなどがなくその日のうちに治療を終える事が可能です。歯の色調に非常に近いため高い審美性も得る事ができます。

かぶせ物の種類

かぶせ物は、歯をほとんど削ってしまった場合に処置します。かぶせ物には大きくわけて2種類あり、金属を使用するものとしないものにわかれます。

  • セラミッククラウン

    セラミックスクラウンすべてがセラミックでできたかぶせ物です。質感、色ともに自然な仕上がりとなり、前歯に最適です。

  • メタルボンドクラウン

    メタルボンドクラウン金属の土台の上にセラミックを焼き付けたかぶせ物です。透明感がないですが、耐久性は高いため、奥歯に最適です。

ラミネートベニア(つけ歯)

ラミネートベニア前歯の形を変えたいときなどに、つけ歯を作成し貼り付け、形態を変えることも可能です。これをラミネートベニアと呼びます。

ある程度歯を削ることが条件となりますが、被せ物ほど削らずに済みます。

矯正をせず、歯並びや歯の形を変えることができる処置として審美歯科の中で人気な処置となります。

当院で実際に行なった「前歯のセラミック」治療

新津田沼歯科クリニック奏の杜で実際に行なった前歯の差し歯のセラミック治療の症例を写真と解説つきでご紹介します(患者様に許可をいただいて掲載しております)。

①ご来院時(20代 女性)

ご来院時

▲以前、他の歯科医院にて上顎前歯3本を差し歯にしましたが、見た目が人工的すぎるとこのこと、当院にてやりかえたいとのことで、審美性の高いものを要求されました。 上記で記載しているメタルボンドセラミックなどもある程度きれいになりますが、透明感がなく、メタルを使用するので歯肉が黒ずむ可能性や透明感が出しにくいため、審美性の1番高いオールセラミックで同意することとなりました。

②シェードガイドで色合せ

シェードテイキングで色合せ▲現在のかぶせものを外し、歯肉の治療をして歯肉の状態を整えてから、シェードテイキング(色合せ)を行います。

ここで重要なのが歯ぐきのラインを整えることです。歯にばかり目が行きがちですが、歯ぐきラインが美しく揃ってこそ、キレイなお口元となります。

隣在歯等に色調をあわせるため、シェードガイドをもちいて技工士さんに色を合わせてもらい、出来上がる被せ物を自然な色調、形態につくるこができます

③模型を作成してシミュレーション

模型を作成してシミュレーション

▲お口の型を取ったあと、患者様には新しく作った仮歯をしてご帰宅いただき、当院では、型に元に模型作りを行います。この模型作りを精密に行うことで、セミラックの歯の適合精度が高まります。

④セラミックの歯が完成

セラミックの歯

数日後、セミラック製の歯が技工所より送られてきます。大変キレイに、かつ、自然な仕上がりです!

セラミックの歯2

模型に装着し、適合を調べます。・・・完璧です!また、斜めから見た時のグラデーションも秀逸!

⑤お口に装着します

お口に装着

再度ご来院いただき、仮歯を外して実際に患者様のお口に装着します。どれがセミラック製の歯か見分けがつきません!また、噛み合わせの調整も行い、違和感なく噛めるとのこと。 患者様も大変驚かれて、「以前のセラミックの治療と全然違う!ほんとに自然で嬉しい!」と大変お喜びいただきました。この瞬間が私の1番嬉しい瞬間。。。!

⑥Before&Afterでご覧ください

Before&Afterでご覧ください

全然違いますね!この写真は、治療後に実際に患者様にもご覧いただきます。「新津田沼歯科クリニック奏の杜に来てよかった!」とおっしゃっていただきました!歯科医師冥利に尽きます。 津田沼でキレイで噛み合わせの良いつめ物、かぶせもの治療ができる歯医者・歯科医院をお探しの方は、ぜひ当院までご相談下さい。

当院で実際に行なった「神経が死んだ歯のセラミック」治療

失活歯

10代男性、前歯の変色が気になるということでご来院いただきました。幼少期に前歯を転んでぶつけてかけたとのことで、ご近所の歯医者さんで欠けた部分をCR(プラスティックの詰め物)で直してもらったが徐々に色が変色してきたとのことでした。

歯髄(歯の神経)が腐って色が変色したことが疑われたので、レントゲンを撮影しました。欠けた範囲が神経まで到達しており、電気を流して反応を診る電気歯髄診で歯髄(歯の神経)に反応がなかったため、神経が死んでいると判断し、根管治療(歯の根の治療)をしてクラウン補綴治療(被せ物)をすることになりました。

神経がない歯

シェードガイド(歯の色見本)を使用しておおまかな色を確認し、歯科技工士さん(被せ物を専門に作る職人さん)に歯をつくってもらいました。

神経がない歯セラミック変更

スタンダードメタルボンドセラミッククラウン(ハイクオリティプランもございますが、今回はスタンダードです。)装着前と後の比較写真です。

再発率の低い高精度補綴治療のために

審美歯科において再発リスク軽減には、つめ物や被せものの精度が重要になってきます。精度を高めるためには細部にこだわった型採りが必要不可欠です。当院が行なう精度の高い型を採取するための工程をご紹介いたします。

  • 被せ物の精度を上げる歯肉圧排

    歯肉圧排

    被せ物の型を採取する際に、歯と歯茎の間に糸で圧力をかけ一時的に剥離する歯肉圧排と言う工程を挟みます。歯茎に覆われた歯の縁までをしっかり型取りする事で適合性の高い被せ物をつくる事ができ長期維持を可能にします。

  • ずれにくいシリコン素材を使用した印象

    シリコン素材を使用した印象

    当院では、より正確な型採りが可能なシリコン素材を使用し印象を行っています。一般的な素材では、型崩れが激しく精度の高い型がとれない事や何度も型採りを行わなければいけない可能性が高く、患者様にも負担がかかり不安な気持ちにもにもなりますので当院では、信頼の高いシリコン印象を行っています。

習志野市奏の杜で適合性の高いつめ物かぶせ物をお探しの方へ

つめ物かぶせ物

新津田沼歯科クリニック奏の杜では、金属を極力使用しないメタルフリー治療をはじめ、見た目だけではなく長期使用も可能な機能性もしっかり考慮した補綴物治療に心がけています。同じところを何度も治療している方や、銀歯を白い歯に変えたい方は、ぜひ習志野市奏の杜の当院までお気軽にご相談下さい。