歯がなくなると。

投稿日:2016年5月31日

カテゴリ:新津田沼歯科奏の杜ブログ

こんにちは。歯科医師の咲間です。GWもおわり、そろそろ梅雨ですね。

今日は歯が抜かれる原因について考えてみたいと思います。

1、虫歯…(歯のパーツとして)…虫歯の進行で、歯が薄過ぎる。根が短い等。

2、歯周病、根尖病巣…(歯の周りの骨の問題)…歯を支える骨が吸収する。歯がぐらぐらする。歯茎が腫れる等。

3、歯の破折やひび…(外傷、打撲)…ぶつけたり、転んだりした後、歯茎の腫れや膿みで分かる事があります。

以上が主な原因です。

歯がなくなると、治療の回数や時間がかかります。

いつまでもご自分の歯で、美味しいものを食べて、健康にいきたいものですね。

少しでも気になる症状がありましたら、歯科医院で早めのチェックをお勧めします。