タフトブラシについて

投稿日:2020年7月6日

カテゴリ:未分類

こんにちは!衛生士の横島です!
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されて約1ヶ月経ちますが、
まだまだ油断出来ない状況ですね(*_*)
当院では感染対策を徹底して継続しています。
みなさんも暑い日が続く中でマスクの着用は厳しく感じるかと思いますが、
終息するまで一人一人出来る事をしっかりと行っていきましょう!

さて、今回私がみなさんにお伝えしたいのは歯磨きの補助用具「タフトブラシ」についてです。
今年の1月から当院では、みなさんに日頃歯磨きで使用している道具を持参して頂いておりますが、
歯間ブラシやフロスに加えて「タフトブラシ」まで使用している方がとても多くいらっしゃって驚きました!
素晴らしいです!!😳
まだタフトブラシを使った事が無い方、知らなかった方にタフトブラシとは一体何なのか、
使い方などをご説明させて頂きます!

「タフトブラシ」は通常ワンタフトブラシや一本ブラシ等呼び方が様々ですが、
使い方は同じで歯ブラシでは磨ききれない歯列不正で前歯が重なっている所や
磨きにくい生えかけの親知らずなどに使用する小さなブラシの事です。下の写真がタフトブラシです。

ちなみに私は親知らずが虫歯にならないようにタフトブラシを愛用しています😊

使用に適している部位はいくつかあって、
①歯並びが悪いところ
②1番奥の歯の後ろ側
③矯正装置のまわり
④前歯の裏側(前歯の裏側は窪んでいる為汚れが溜まりやすい&磨きにくい)
⑤被せもののまわり
⑥抜けた歯のお隣
⑦背の低い親知らず
⑧生えかけている途中の歯
上記のどれかに当てはまるようでしたら是非使用する事をオススメします!

使うタイミングは、まず歯ブラシで全体を磨いた後に磨き残しを鏡で確認したり
舌で歯を触ってザラつきが無いかをチェックします。
タフトブラシの持ち方は歯ブラシ同様えんぴつと同じ持ち方で気になるところを
毛先を軽い力で小刻みに動かして磨きます。
この時無理に強く当ててしまうと歯や歯ぐきが傷付いてしまうので気を付けて下さいね😌
使用後は水でよく洗い、風通しの良いところで保管します。
また、毛先が広がって乱れてきたら交換しましょう!

歯ブラシのみのケアよりも、一緒にタフトブラシを使ってあげた方が歯と歯の間や、
歯と歯ぐきの境目の磨き残しを約30%も減少させる事が出来るんです!
初めは少し手間に感じるかもしれないですが、
虫歯や歯周病からしっかり歯を守る為にまずは試しに使ってみて下さい☺️
タフトブラシだけでなく歯磨きに関するご質問は定期検診や歯磨きのお話の際お気軽に衛生士にお尋ね下さい!
宜しくお願い致します!